2012年11月18日

google

google-site-verification: google52bb54929c9adfc5.html
posted by ゴルゴ40 at 10:22| 広島 🌁| 煩悩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

第74回懸賞詰将棋結果と第75回懸賞詰将棋(2012年6月)

第74回懸賞詰将棋(2012年5月)




【解答】

4五金、同玉、4六銀右、3四玉、4五銀、同玉、2五龍、同角、3五金、5五玉、2八角まで11手。


 
☆2手目4三玉には5三角成・3二玉・3一金まで。6手目4三玉も同様です。さて何の意味があるのかわかりにくい捨駒ですが、3七銀と2八龍がこの詰上がりのために邪魔なので手順に消去する狙い。手順の割に大模様で広がった盤面配置は気になるところです。

【正解者と短評】正解者20名

○三輪勝昭ー初手45金だなと判断するのに30秒。45同玉から詰上がりが閃くのに5秒。手順確認に30秒ってところですか。詰上がりに意外性が全くないので解後感は良くない。

○大森常一ー2枚も邪魔ゴマが。

○塚ア彰仁ーなかなか味わい深かったです

○凡骨生ー邪魔駒の銀竜を巧くカムフラージュしてあり鮮やかな詰めあがり。

○あらちゃんー自陣からのロングシュート一発で決まりという所か。

○野甚蔵ー英断の一手25龍の発見と、透かし詰めの構想に気付くまで、金銀でちょこまか追い回し堂々巡り。それだけに、詰め上がりは爽快だ。

○中瀬俊昭ーヒントは大いに参考になったが、邪魔駒が二つもあるとは予想外だった。

○稲葉上ーいいヒントだな〜 ^^;55の位置で詰むと決めてかかった。

○小野寺達也ーヒントいらず。

○cue0921ー▲4五金 △同玉のときに、2八の龍と3七の銀がなければ詰むことに気付き、解くことができました!ヒントがなければ、もっと時間がかかっていたと思います。詰み上がりの形も面白いですね!

○やぶいりー銀、龍をさばいて角道を祓い清める。

○青江邦正ー連続の捨て駒が爽快

○坂本栄治郎ー気持ちの良い捌きと遠見の角の収束は気持ち良い

○並木呈一ー二重に邪魔駒があったのか。詰形がなかなか見えませんでした。

○やまかん−敵の目をかいくぐった後ろ回し蹴りっぽいフィニッシュ。

○市橋宗士ーこういう構想作は、詰め上がりが予想できないとかなり苦労することになる。最終図で透かし詰めになるとは。結局銀と竜が邪魔駒で、主駒は角だった。金銀の捨て駒はリフレインのようでリズム感抜群、そして竜捨てが決め手となった。まさに竜のダイビング。いや、時間がかかりました、私にとっては。しかしここの御常連の皆様は、一目か数分だったんでしょうね。まだまだ修行が足りません。

○ありたかずひろー邪魔駒がどれかわからなかった。2三の歩を消すのかと思ったら違った。

○西宮市の住人ーじっと角を引いて詰上がる。3七銀も2八龍も邪魔駒だった・・・・・。6手目△4三玉からの紛れ(早詰)も良い味。

○谷口翔太ー「邪魔駒は除け」、遠い昔、似たような題名の映画がありました。

○藤田卓志ー指将棋で3七銀まで捨てるのは難しいでし
ょうね。心地よい透かし詰でした。


【当選者】やまかん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 6月2日は実家の火事の後始末。3日は弓道部の県総体引率。女子団体は2位、個人は3位と、いずれも後一歩でインターハイに届かず。しかし今月は21日から選手権大会の中国大会で米子に3泊4日で行って来ます。さて、今日は3日の振り替え休日で、やはり火事の後始末関係で不動産屋などに行って来ましたが、時間が余ったので懸賞詰将棋の出題にこぎつける事が出来ました。

第75回懸賞詰将棋(2012年6月)


第75回懸賞詰将棋.gif

 解答はコチラ

 または、直接私あてメールを送ってください。
nakashimakiyoshi40@yahoo.co.jp
posted by ゴルゴ40 at 17:23| 広島 ☁| 懸賞詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

第117回カンタン詰将棋解答と第118回カンタン詰将棋(2012年5月26日)

 このブログもですが、インターネット自体以前のように閲覧しなくなりました。まあボチボチ週一回くらいはここを更新して行こうかいな、とは思っています。詰パラ中学校担当だけで休日数日分くらい潰れるので、正直手一杯。その割に臨時中学校なんかを続けてますが、なるべく投稿作を没にしたくないし、在庫を増やさない意味が大きいので仕方ないですね。

 第117回の解答です。



【解答】2二龍・同玉・3二角成・同玉・2二飛・同玉・2三金まで7手


☆初心向けに大駒三枚を捨てたつもり。2手目2四玉は1四角成で早詰。3手目1二角成は同香で逃れ。邪魔な角をうまく捨てて、とどめは飛車捨。2六歩は置きたくないのですが、初手から1二角成の余詰防ぎ。ないと1二角成・2四玉・2六飛で詰みます。



【正解者と短評】

○野中正義ー3二角成から2二飛車捨て、メチャクチャ気持ち良かったです。

○市橋宗士ー実戦型で大駒3枚の捨駒が実現、まさに「味付け」次第、2五歩や金銀の配置が参考になります。実戦の終盤だったら「詰め」を見逃していたかも。

○宮原航ー盤面駒数は少し多いですが、うまくまとまっていると思います。♪

○藤田卓志ーカンタン詰将棋は解けて(正解かな?)気持がよいです。それに直感が鍛えられて、実戦に凄く役立ちます。それ以外に詰将棋が好きになります。お忙しいとは思いますが、これからもよろしくお願いします。楽しみにしています。

※今回も解答をありがとうございました。



 では第118回の出題です。初心詰シリーズ第三番。

【第118回カンタン詰将棋】(2012年5月26日)

第118回カンタン詰将棋.gif

 解答はコチラから。または直接私あてメールしてください。アドレスはnakashimakiyoshi40@yahoo.co.jpです。
posted by ゴルゴ40 at 20:50| 広島 | カンタン創作詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

第116回カンタン詰将棋結果と第117回カンタン詰将棋(2012年5月20日)

 どうもこのブログから遠ざかってしまい、既に出来上がっているカンタン詰将棋の更新も億劫で2週間ぶりとなりました。どうもすみません。ちょっと近況を言いますと、引率顧問をやっている弓道部女子が絶好調で、来月は中国大会に出場。米子まで行って来ます。県総体の結果次第でインターハイ(全国大会)もたぶん最有力。一方演劇部の方は芝居をやる部員がいなくなりましたが、ダンサーばかり10名以上1年女子が入部して大盛況。ところが(事情は割愛)、現在活動自粛中です。まあ、だからと言ってそれほど多忙なわけでもないのですが。

 2週間前に出題した第116回の解答です。



【解答】3三飛・同桂・2一馬・同玉・2二金まで5手


☆これはまあ初心向けと言って良いと思います。そういう意味では気に入ってる作品。とても易しい詰将棋も、それはそれで作りにくいものです。(少なくとも私にとっては)



【正解者と短評】

○市橋宗士ー大駒2枚を捨てて、頭金の基本詰め。2一桂があるだけで、実戦型の香りがするし、2枚の桂と歩が簡素な感じを良く醸し出していると思います。(ただ、創作する方は大変では? 推敲を重ねないとここまで駒数を減らせないのでは、と推察します。まぁ作者にとっては何のことはないかも知れませんが、私の場合、駒を1枚減らすだけでも何十分と考えることしきり。)

○稲葉上ー飛と金の順番を間違えると大変。余詰めが有りそうで無い。

○大森 常一ー金はとどめに残せ、ですね。

○野中正義ー3三飛の逃げ道封鎖が気持ちいい。

○坂本栄治郎ー大駒が、奇麗に捌けて気持ち良い。

※こんな初心詰に解答して頂いて、大変ありがとうございました。



 では第117回の出題です。

【第117回カンタン詰将棋】(2012年5月20日)

第117回カンタン詰将棋.gif

 解答はコチラから。または直接私あてメールしてください。アドレスはnakashimakiyoshi40@yahoo.co.jpです。
posted by ゴルゴ40 at 16:34| 広島 | カンタン創作詰将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。