2009年02月27日

詰将棋パラダイス2009年3月号到着。

ブログパーツ

ゴルゴ40顔.jpg

☆昨日あたりからメールチェックするとやたら中学校の

 メール解答が来ていて、そうか、今月は短いんだ、と

 改めて気付かされていた所、詰パラが今日27日に届いた。

 この所ずっと早い。私の原稿がいつも遅れ気味なのに

 立派なものである。と、須藤さんから締め切り日の連絡も来ていた。

 あ、いえいえ、締め切りは月末である。

 さて表紙絵は大山名人にしか見えないんだけど、

 それでいいのだろうか?

 詰棋校は各校担当者のことばしか読まないけれど、

 大学の平井さんが事実上担当を降りられる意向を書かれている。

 そうなると私より古いのは短大の石黒さんだけとなる。

 これは寂しいが仕方ない事だ。

 平井さんは、出来れば長期担当を続けられる人を、

 と次期担当者の希望を書かれているけれど、

 10年以上担当をされた方の意見だと思った。

 もっともあまり几帳面だと逆に長期担当は続かない気もする。

 私が言うと我田引水と取られそうだが。

 大学の手数の担当は中学校などとは比較にならないくらい大変だと

 思うが、良い後任者が現れることを期待したい。

 短コンの結果は、海老原辰夫さんが優勝。2位は中村雅哉さんと、

 ここまではパラではおなじみの実力作家だけど、

 3位の新開克行さんはお久しぶりに名前を見た気がする。

 4位は若手の馬屋原剛さん。それそろホームランをかっ飛ばされる

 頃だろうか・・・

 5位金子清志さんは、私などが今さら何か言う必要はない有名作家。

 今回の短コンは9手だったので、中学校にいくらか分けて頂ければ

 と言う気も・・・いやいや、これ以上投稿作が増えたら、

 自分が困るだけである。

※「詰将棋パラダイス」ホームページはコチラ
posted by ゴルゴ40 at 23:53| 広島 🌁 | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校担当業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。