2009年08月28日

詰将棋パラダイス2009年9月号届く。

ブログパーツ

ゴルゴ40顔.jpg

☆今月は何と28日に届いた。

 何でこんなに早いんだ!

 表紙の鈴川さんは文章が立派なのに大変驚いた。 

 中1とは信じられない。

 作品を解こうとしないのが我ながらアレだが、 

 この文章だけで将来有望と見た。

 詰棋校小学校、石川さんの言葉は、

 詰パラでは珍しい指し将棋に触れたもの。

 個性的で楽しい。

 全国大会レポート、いつも読むだけで、

 参加した事はないのだけれど、

 担当10年で表彰でもあれば・・・
 
 そんなものはありませんか。

 と、言うか私よりまだ長期担当もいらっしゃるわけで。

 順位戦は市島さんが優勝。実力発揮の一局のようだ。

 捨て合で入手した飛車を主軸に、手順を追うだけで傑作とわかる

 素晴らしい作品。

 そして2位の橋本さんは失礼ながらご活躍中とは知らなかった。

 私が中学校担当を始めた当初、すなわち約10年前には

 多くの投稿を頂いたので記憶に残っている。

 独特の空間感覚を持った作品を作られる人だ。

 又中学校にも作品を頂けたら、と期待したい。

 ところで順位戦はどうも解答者数が少ない。

 今号結果稿の掲載された臨時中学が99だから、

 約半数しかないのはいかにも寂しい。

 詰棋校が休みの月にあるのだから、番付戦の対象に出来ない

 ものだろうか。

 その臨時中学。菅野作で狙い通り26名の大量誤解だ。

 引っ掛けがあるのはわかりそうなものだが、

 それでも引っ掛かる。だから詰将棋は面白い。

※「詰将棋パラダイス」ホームページはコチラ
posted by ゴルゴ40 at 22:14| 広島 ☁ | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校担当業務日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。