2009年11月27日

詰将棋パラダイス2009年7月号中4芹田修作

ブログパーツ



【解答】9一飛・8七玉・9二馬・3七馬・8八歩・9六玉・7四馬・9一馬・7三桂成・9六玉・8五馬まで11手



誤解1・無解4・A74・B46・C4 平均2.56


【短評】

秋元節三ーブルータス見事に復活
天津包子ー72香を狙って92飛から入りました。
荒木秀雄ー限定の遠打ち
新井司ー初手91飛から92馬が打ち歩詰めを打開する好手順。
石井豊ー大駒の持ち味表現力が鋭い。
石川和彦ー互いの馬の動きに味がある。
市原誠ーまるで、大リーグ。
石巻千尋ーダイナミックな動きではあるが。
今川健一ー田舎芝居の大立ち回り。それでも、大向こうから、「成駒屋!」。  
宇貞光明ー舞台装置と内容を比べると今一つの感。
絵井悌二ー打ち歩詰が見えているのに91飛と打つ所が良いと思います。
大熊健司ー馬と飛車の並びが91と92に出現する。47馬が主役で。
太田雅人ー広く盤面を使って打歩を打開する。
小川千佳夫ー打歩詰逃れの91飛になるほどと感心させられる構想作。
奥田典正ー飛車の利きを止めるように攻めるのがうまい。対して受けの妙手はありそうになかった。
奥野眞ー双方。ダイナミックな馬の動き。
小澤光悦ー打ち上げ花火のようなスケールの大きな作品。
小野寺達也ーこの手の筋は風みどりさんのブログで覚えたのですぐ解けた。初見なら評価が上がるやも知れぬ。   
加賀孝志ー狙いを持つ双方の馬の動きに感動。
柿久桂古ー双方馬の動きが素晴らしい。
片山亨ー打歩詰の解消が宇宙戦争になった。
神尾眞二ー9一飛から9二馬とは・・・
河村謙吾ー打ち歩打開のために飛車筋に馬が飛び込む手は以前にやったことがあったためスラスラ解けたがこれが初回だと解けなかったと思う。
小岩象三ー打歩を避ける91飛と92馬が盲点でした。15馬が2枚の飛車を掃除する順も良い。73桂の成不成非限定は気にならない。
小島幸喜ー明快の意味付けの飛の最遠打から74馬までの手順が素晴らしい。
小林巧ー誘いの92馬といい、37〜91と動く馬といい、ダイナミックでおもしろかった。
小林理ー初手はこれしかないと言えばそうなのだが、気持ちいい一着であることは確か。桂跳ねは成、不成非限定?
斎藤博久ーアクロバットのような手順。
斉藤優希ー91飛が好手。
佐藤司ー策士が策に溺れた感じ、芹田氏らしさが陰に隠れています。
佐藤次衛ー攻防に馬が大活躍の一局。
潮風かおるー飛車角を大きく使う構想作。
下西憲之ーうまい仕掛けですね。
昭和三十六才ー9一に飛を打つだけでなく、それを馬で取らせるのはすごい。
白川文夫ー構想自体は既成のものだから、もう一寸綺麗にまとめないと存在価値がないと思う。
真保千秋ーいかにも何かありそうな配置。
末永修二ー初手91飛はすべてではない。後の手順も申し分がない。11手詰めの傑作。
須川卓二ーもはや見慣れた筋になってしまったか。73の成生非限定も残念。
鈴川優希ーお前もか!1五馬が9一まで瞬間移動。 
滝本幹夫ー飛の遠打。
武田静山ー構想に拍手。
伊達悠ーまさにフェアリーみたいな手順で、好感が持てます。
竹中健一ー打歩打開の有名な手筋ですが、うまく纏めたのではないでしょうか!
田中悠一ー打不詰に悩まされた。飛を最遠から打ち馬の移動で陰にすることで8八歩が実現。
田辺尚弥ー92に合駒きかずをうまく演出。
千葉等ー飛遠打から、馬の移動で飛車の横効きを通し縦効きを止める所がミソ。
詰鬼人ー馬の空き王手で飛車を二枚取らせるのは面白い狙いです。
出崎守ー7四馬と引いた際、9五金合に少し紛れました。
でんでんー飛の限定打から始まる一連のアクロバティックな手順は圧巻。よくぞここまで・・・
利波偉ーブルータス手筋だけで終わっていて捻りがない。
中沢照夫ー大駒の動きがダイナミックで文句なしに楽しめる。
永澤廣知ー詰む形は想定できたが、3手目は7四馬としたくなる。解後感よしです。
中瀬俊昭ー初手91飛が限定打とは!!気付くまで相当時間がかかった。
中出慶一ー今日に蘇る「ブルータス手筋」!拍手喝采。
名越健将ーよくぞ創ってくれました!歴代の中学校名作にもひけをとらない。
二宮卓郎ー良く出来てますね。好作でしょう。
野口賢治ーダイナミックな馬の競演。
八徳堂ー馬のピンボール。うまいものですね。
花井秀隆ー「大駒は大きく使え」の格言通りの応酬。
早川清一ー初手9一飛が頃合いのタイミングとポイント。しかし、ちょっと見つかりにくい良手。これが後からの最良手とつながる。
はやしー92馬がいい手なんだけど、わざとらしい。
林明和ー詰パラ創世記、名解説者、小林淳之介が初めてこの手筋の問題を提出。バッタ、バッタ、と誤解者が出るので思わず、シェイクスピアの名台詞、ブルータスお前もかと、叫び以後伝説的な有名手筋になる。やはり、好作になりますね。
原岡望ーブルータス手筋 新鮮味なし
原田清実ー73桂生とかならば驚きだがこれだけではちょっと。
原雅彦ー初手の飛車の限定打が全てでした。  
坂東仁市ー二番煎じの感否めず、損ですね。
弘光弘ー双方の馬の動きが面白い。
凡骨生ー後の打歩詰打開の91飛が素晴らしい。
増田智彬ーブルータス手筋は久しぶり。飛を2枚とも取らせるのはいいけど、桂の成生の非限定は少し気になる。
三宅周治ー視野を広げてくれる作品です。
宮本慎一ー打ち歩詰め回避の9二馬。7四馬から7三桂成と馬を寄りながら寄せる。
三輪勝昭ー手順はつまらぬが、駒の動きは楽しい。
安原嗣治ー馬が跳ぶ傑作。74馬以下の収束が見事。
山口航平ー打ち歩詰めを打開する9一飛車に9二馬
山口勇ーこれは傑作。
ゆめぎんがーブルータスの飛が取られるのは珍しい?
和田登ー主張が満載。好作です

※詰将棋パラダイス中学校出題作と全短評一覧はコチラ
posted by ゴルゴ40 at 23:30| 広島 | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校出題作と短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。