2009年11月01日

利府高校「マサルの1日」・呉工業高校「夕陽のあたる教室〜俺たちの応援歌」県大会進出決定!

ブログパーツ

舞台イラスト.png

☆地区大会で上演して頂いた拙作が2つ、県大会進出を決定されたので、案内を掲載しておく。

 どちらも男1人芝居。宮城県利府高校の「マサルの1日」は上演DVDを送って頂いたが、人出不足が見えてしまう苦しい舞台転換ながら、熱演ぶりが買われたか、8校中上位2校に選ばれたのは立派。

 呉工業高校「夕陽のあたる教室〜俺たちの応援歌」は、事務局長として大会を運営しながら観劇して、賞状も渡すという微妙な立場だった。もともと女1人芝居だったのを男に書き換えた脚本だったが、ちょっと考えもつかなかった視覚的効果を考えた演出もあり、役者の個性の表れたいい舞台だった。

 どちらも作者ながら、結構感慨深く観劇させて頂いた。ぜひ県大会でも頑張って頂きたいものだ。特に、呉工業の方は、自分が県大会の審査員でもあるので、ますます微妙な立場になるが、きっと観客に支持される好感の持てる上演になるだろうと期待している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上演団体:宮城県利府高校演劇部

上演作品:「マサルの1日」中島清志作 

上演日時:平成21年11月14日(土)16:00〜
     宮城県高校演劇コンクール県中央大会

上演会場:名取市文化会館

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上演作品:「夕陽のあたる教室〜俺たちの応援歌」 

上演日時:平成21年11月14日(土)
     広島県高等学校総合演劇大会

上演会場:福山市神辺文化会館
posted by ゴルゴ40 at 17:36| 広島 ☔ | TrackBack(0) | ネット脚本家のひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。