2010年03月05日

カープ、オープン戦機動力で連勝

カープ.jpg

☆カープは3月4日、西武とオープン戦を戦い、先発小松がいきなり失った4点を、機動力を生かした効率の良い攻めで逆転。連勝を飾った。


34.jpg
これぞ野村野球 つないで、送って、走って…

広島―西武(13時、マツダスタジアム、8261人)
西 武400000010―5
広 島00014110×―7
▽勝 梅津1試合1勝
▽S 岸本3試合1敗1S
▽敗 田中2試合1敗
▽本塁打 GG佐藤2号(2)(小松)
 ●…プロ野球の広島東洋カープ―西武のオープン戦が4日、広島市南区のマツダスタジアムであった。広島が4点差を逆転し、西武を下した。
 打線は0―4の四回、天谷の右前適時打で追い上げ、五回は中東、東出の連続短長打や敵失などで4点を挙げて逆転。以後も効率的に加点した。
 先発小松は球が高めに浮き、3回4失点。勝利の方程式を担う永川、梅津は各1回を無失点と順調な仕上がりをうかがわせた。
前田34.jpg
前田、代打で出場 復活への一歩
梅津34.jpg
梅津回復順調!無失点好投


☆初回に4点を奪われながら、7安打7得点と言う効率の良い攻めで西武の弱いリリーフ陣を攻略して逆転勝利である。東出にようやく当たりが出て勢いづき、フィオレンテーノの欠場で出番の回って来た中東がアピールした。ホームランでなく、走って、繋いで、敵失を誘っての逆転は価値のある勝利なのではなかろうか。復活を期する梅津、ストッパー永川の試運転も上々で一安心だ。又、三振ではあるが前田智がついに出場。今年こそ代打での復活を願うファンは多い。
 一方先発小松は立ち上がりに乱れる悪いくせが出て株を下げた。先発でもリリーフでも立ち上がりが悪いと使い辛いので、対処して欲しい。打つ方では1人調子の上がらない4番栗原に不安。彼の打棒抜きで貧打の解消は無理である。又、シュルツが調整遅れ、大竹も肩の不安で、開幕は黄信号と言う情報が流れている。エースとセットアッパーが不在では心許ないが、逆に他の選手はチャンスの到来と見て台頭して欲しい。この試合の中東が好見本であろう。
がんばれ、カープ!



posted by ゴルゴ40 at 23:57| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ!カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大荒れのち晴れ,ときどき曇り
Excerpt: 今日ももちろん仕事の合間に文字列をこっそり追うだけだったが,まあ正直なところ,3回まではこりゃ駄目だ,と思った。何と言っても小松が相も変わらず立ち上がりの悪さと長打だけは困る場面でしっかり一発を浴びて..
Weblog: ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
Tracked: 2010-03-06 16:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。