2010年04月04日

カープ泥沼の6連敗。

カープ.jpg

☆カープは4月3日ホームで対巨人の2戦目を戦った。先発ジオは立ち上がりに崩れ、打線は追い付いて一度は逆転したものの、終盤の勝負弱さが出て、またも1点差で敗北。何十年ぶりかの開幕直後の6連敗で、多くのファンは失望し切っているが、選手の心まで折れてしまわないかと、妙な心配をしている。


カープ43.jpg
投壊が、連敗が止まらない
広島―巨人2回戦(巨人2勝、14時、マツダスタジアム、28455人)
巨 人210000102―6
広 島100300001―5
▽勝 金刃3試合1勝
▽S 小林3試合1S
▽敗 シュルツ2試合1敗
▽本塁打 坂本3号(1)(ジオ)石原1号(1)(山口)
 ●…巨人が3連勝。3―4の七回に小笠原の左前打で同点。九回に長野の中前打と失策などでチャンスを迎え、暴投で勝ち越し、さらに内野ゴロの間に1点を加えた。小林が3季ぶりのセーブ。広島は九回の好機を生かせず6連敗
石原43.jpg
石原今季1号空砲も…次こそG倒じゃ


☆又しても1点差負け。が、リードした中盤でも勝てそうな気がせず、最後はお決まりのように守備のミスが出て競り負けた。守備重視の布陣のはずなのに、どうしてこうなるのだろう。
 負けそうなムードが漂っているのである。実力のないチームがこれでは悲しい。とにかく先発野手陣の固定にこだわっているようだが、ここまでハッキリ結果が出ていない以上、ファンの目に見える形で悪あがきを見せて欲しいと思う。現状が続けば、無為無策の首脳陣と言うよりないのではないか。
「我慢の時」と言うのは理解出来るが、我慢すべきなのは選手や指導陣であって、ファンまで我慢しろ、とはお門違いだ。そもそも新監督に期待するのは変化なのだけど、より悪い方向に変えられても困る。投手陣の球数制限や、新戦力の積極的な登用などは、前監督から受け継ぐべき
遺産だったような気がしている。
がんばれ、カープ!


posted by ゴルゴ40 at 10:44| 広島 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ!カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

折れた心に響くものなし
Excerpt: 何のかんの言って,試合を最初から最後まで見届けてしまったが,その間,少しでも勝てそうだとか,これはいけそうだという感じには,ついぞなれなかった。初回にジャイアンツがミスをしてくれて大量点にならず,相手..
Weblog: ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
Tracked: 2010-04-04 23:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。