2010年04月05日

カープボロ負け7連敗。

カープ.jpg

☆カープは4月4日ホームで対巨人の3戦目を戦ったが、先制してもアッサリひっくり返される負けパターンで、今季ワーストの10失点と惨敗を喫した。これでホームで1勝も出来ず、通算7連敗。開幕早々脱落とは、マーティー時代にはなかった、ていたらくである。


カープ44.jpg
7連敗、あえぐコイ
広島―巨人3回戦(巨人3勝、13時30分、マツダスタジアム、29186人)
巨 人000511102―10
広 島020010000―3
▽勝 東野2試合1勝1敗
▽敗 小松1試合1敗
▽本塁打 小笠原2号(2)(小松)長野1号(2)(小松)阿部2号(1)(岸本)
 ●…巨人が逆転で4連勝をマークした。四回に小笠原の同点2ラン、エドガーの二塁打、長野のプロ1号2ランで5点。その後も小刻みに加点し、14安打で計10点を奪った。東野が7回3失点で今季初勝利。広島は7連敗。
栗原44.jpg
栗原、4番の意地!8戦10打点
斎藤44.jpg
鬼の大野コーチ 、斉藤に雨中の説教


☆1点差なのに力の差を感じる負けが続いていたが、この試合は正真正銘完璧な力負け。素人が見ていても、全然チーム力に差があるのがありありとわかって辛かった。
 この三連戦、巨人の先発投手の出来もことごとく悪かったので、これで1勝も出来ないのは、相当弱いと言わざるを得ない。この試合の東野も1,2回を見る限りとても長いイニング持ちそうもなかったのに。
 上の最後のニュース、大野コーチの説教は、この首脳陣に対する印象を下げた。古い体質を一掃するため外国人のマーティーを監督にすえ、チームの土台が出来たかと思ったら、又昔に逆戻りだろうか?精神論で乗り切れる事態でないのは素人にだってわかるのだ。自らの指導の拙さを大野コーチが選手にぶつけているだけに思えたのは、私だけだろうか?雨の中で投手を立たせて、肩を冷やすなんてバカげている。
 合理的な裏付けを伴った熱血指導を望みたい。これ以上投手陣を潰さないでくれることを切に祈る。
がんばれ、カープ!


posted by ゴルゴ40 at 21:24| 広島 | Comment(0) | TrackBack(3) | がんばれ!カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

暗黒
Excerpt: 投壊だとかなんだとか、そんな話も聞こえてきますが、CARP の現在の投手陣の状況を作り上げたのは、野村・大野の責任としか思えません。ルイスがいないことは、まぁ、彼らの責任ではないのかもしれませんが、大..
Weblog: KNCN weblog
Tracked: 2010-04-05 21:39

終わらない悪夢・・・それでも僕らは!
Excerpt: 本日の結果 C3−10G 先発は、早くから1軍に帯同し今期初先発の準備をしていた小松。 カープ6人目のローテーション投手。 そして開幕以来固定していた打線に初めてメスを入れた野村監督。 流れが変わ..
Weblog: 赤ヘル応援記
Tracked: 2010-04-05 23:26

ついに7連敗!
Excerpt: 開幕初戦に前田健投手が勝って以来、その後ズルズルと7連敗となってしまいました。 こんなに負けが続くとブログの更新もする気になれませんが、ゲンを担いで心機一転、久しぶりに更新しています。 なぜ勝てな..
Weblog: KOBA'sカープ応援団
Tracked: 2010-04-06 10:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。