2010年04月09日

マエケン1人舞台! カープ初のカード勝ち越し。

カープ.jpg

☆カープは4月8日1勝1敗で迎えたヤクルト三連戦の3戦目を戦い、先発マエケンの投打に渡る大活躍で4対0の勝利。4カード目で初の勝ち越しを決めた。


マエケン48.jpg
マエケン大車輪 8回無失点、強気貫き2勝目
ヤクルト―広島3回戦(2勝1敗、18時、神宮、12133人)
広 島000010300―4
ヤクル000000000―0
▽勝 前田健3試合2勝1敗
▽S シュルツ4試合1敗2S
▽敗 石川3試合3敗
 ▽打っても2安打2得点
 ●…広島は前田健の投打にわたる活躍で初の3連戦勝ち越し。前田健は8回無失点で2勝目。打撃でも2安打2得点。打線は五回に梵の犠飛で先制。七回は東出と栗原の適時打で3点を追加。ヤクルトは今季初の零敗で、石川は3連敗。
栗原48.jpg
栗原2点打 13打席ぶり安打
そよぎ48.jpg
梵「最低限の」犠飛で先制
スタルツ48.jpg
エリック・スタルツ選手 入団記者会見!
私の投球スタイルは、チェンジアップなどを使い緩急つけた投球をしています。速球の最速148km、球種はチェンジアップ、カーブ、スライダー、カットボールです。得意な変化球はチェンジアップで、打者のタイミングをはずしたり、三振を取りに行くときに使います。


☆マエケンにはもう何も言うことはない。素晴らしい。もうじき22歳の誕生日だとヒーローインタビューで聞いて、こんな若きエースが誕生したことに喜びを感じた。昨季からルイス、大竹、今井が抜けて瀕死状態の先発陣、そして同様にボロボロの野手陣と言う惨状が、彼をここまで逞しく成長させたのだとすれば、何をか言わんやであろう。家貧しくて孝子出ず、とはこのことだろうか。
 彼におんぶに抱っこの他選手が、どこまで意地を見せてくれるか。特に栗原。このままでは、悪い言えば火事場泥棒である。次の横浜戦に期待したい。
 スタルツの入団記者会見という嬉しいニュースも重なった。「日本向き」と言う黒田の言葉を信じ、カープの救世主となってくれることを願う。
がんばれ、カープ!


posted by ゴルゴ40 at 06:45| 広島 | Comment(0) | TrackBack(1) | がんばれ!カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

まさに前田健太ひとり舞台
Excerpt: もう,序盤の戦いぶりは,正直言ってげんなりした。とにかく,石川に要所を押さえられて点が取れず,とにかくマウンドで前田健太孤立無援状態だったからである。とにかく,9回まで無失点で乗り切ってくれと願ったく..
Weblog: ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
Tracked: 2010-04-09 20:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。