2007年09月08日

「詰将棋パラダイス」1999年1月号中学校担当のことば

 謹賀新年。

 新担当の中島です。

 自己紹介します。

 S38年生。

 広島県呉市在住。

 高校英語科教員。

 将棋部・演劇部顧問。

 指将棋三段。

 広島大学将棋部OB。

 趣味は酒・競馬・演劇創作。

 カープファン。

 得意料理は広島風お好み焼き。

 一番大事なものは三歳の娘。

 一番怖いものは妻。

 それではよろしく。



☆「詰将棋パラダイス」は日本唯一の詰将棋専門誌で、原則として書店

 売りせず、通信販売のみの雑誌である。

 詰将棋作品の投稿を受け付けて出題し、それに読者が解答を寄せて評

 価する、というのが基本的なシステムで、私が担当している「中学

 校」というコーナーでは9,11手詰を扱っている。

 なお、担当者は全て無償のボランティアで、一銭も貰ってはいない。

 実はもっと短手数の初心向けコーナーの担当を希望して申し出たのだ

 が、中学校の方の担当を勧められて今日に至っている。


※「詰将棋パラダイス中学校選題のことば」一覧はコチラ
【関連する記事】
posted by ゴルゴ40 at 00:35| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校選題のことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。