2007年11月21日

2年目前田健は背番号18、ドラフト1位篠田は背番号14

※更新のはげみになりますので、良かったらクリックして頂けないでしょうか。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

前田健、エースの「18」 2年目の飛躍へ自覚十分

'07/11/21

 赤ヘル栄光のエースナンバーを引き継ぐのは未来の大器―。広島の高卒ルーキー前田健太投手の背番号が来季、「34」から「18」に変更されることが決まった。松田元オーナーが指名した。前田健は「背番号に恥じないようにしたい。来季はやらないといけない」と、偉大な番号の伝承に気を引き締めた。

前田健.jpg

 通算197勝の長谷川良平、在籍6年間で58勝を挙げ、2度の日本一に貢献した福士敬章、そして通算138勝106セーブの記録を残し今季限りで引退した佐々岡真司…。

 歴代の背番号18には、そうそうたる右腕の名前が並ぶ。そのリストに、1軍未登板の前田健が名を連ねる。今季2軍でチーム最多の5勝を挙げ、次代の投手陣を担うホープに対する期待の大きさの表れだ。

 右の本格派の前田健には「18」の方がイメージに合う、という松田オーナーの意向だった。19歳にとって、重圧にもなりかねない背番号。しかし松田オーナーは「プレッシャーではなく、意気に感じてくれると思う。1年くらいかかるかもしれないが、それくらいの気持ちで見ている」と期待する。PL学園高の先輩で、尊敬する桑田真澄と同じ「18」を素直に喜んだ前田健。「来年こそ、という意識があったけど、さらに気持ちが引き締まった」。2年目に向けて強い自覚を口にした。(日野淳太朗)

▽篠田は14番に 大学・社会人1巡目

 広島が19日の大学生・社会人ドラフトで1巡目指名した日大の篠田純平投手(22)の背番号が「14」に決まった。20日、松田元オーナーが明かした。

篠田.jpg

 19日夜の指名あいさつで、苑田聡彦スカウト部長が「14」と「34」の2つの番号を提示。篠田は迷わず「14」を選んだ。「14」は、炎のストッパーこと故津田恒美投手、沢崎俊和・現投手コーチと、2人の新人王がつけていた縁起のいい番号。松田オーナーは「広島にとっては特別な番号だ。14を選んだということは、彼の強い決意の表れでしょう」と話していた。


☆背番号は選手それぞれ。

 しかしある番号は特別な意味を持つことは確かな事実だ。

 引退した佐々岡のつけていたエース番号18を、

 2年目で1軍未登板の前田健が背負うことになった。

 PL学園の大先輩桑田も背負ったこのエース番号。

 実績のない2年目の前田健に託すのは、ある意味で冒険だろう。

 しかし大エース黒田が抜けるのが確定的な状況で、

 いつまでも過去をくよくよしても始まらない。

 次代のエースと目されている大器前田健に対する期待の大きさの表れ

だ。

 素直に喜んだという前田健は、プレッシャーに感じるより、意気に感

 じる精神力の強い選手らしいのが頼もしい。

 そして大社ドラフト1位の篠田は、炎のストッパー津田のつけていた

 14を自ら選択したと言う。

「家貧しくて孝子出ず」と昔から言うように、佐々岡と黒田が抜けて火

 の車のような来シーズンの投手陣は、逆に考えれば新人やこれまで日

 の目を見なかった選手にとって台頭する大チャンスだ。

 重たい背番号を背負うことになった彼らが、

 期待通りの活躍を見せることを大いに望みたい。

 がんばれ!カープ 

ブログランキング
posted by ゴルゴ40 at 23:02| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | がんばれ!カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

11/21 エースの称号
Excerpt:  前田健、エースの「18」 2年目の飛躍へ自覚十分 (中国新聞) 今 最も期待されているであろう 前田健太投手。 来季の背番号が 34 から エースの称号 18  に変...
Weblog: かあぷ屋さん本舗
Tracked: 2007-11-21 23:20

ある鯉党のたはごと・その5
Excerpt: まずは,もうカープファンブログ上を賑わせているお話2題。その1 前田健太,佐々岡より背番号18を継承ちょうど空席になったエースナンバーを,最もエースの系譜を踏むにふさわしい男が継承したと思う。奇しくも..
Weblog: ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
Tracked: 2007-11-22 06:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。