2008年04月13日

カープ守り勝ち?で中日に初勝利

カープ坊や.jpg



勝敗412.jpg

高橋、熟練の84球 今季初勝利 '08/4/12

広島―中日5回戦(中日3勝1敗1分、14時、広島、13897人)

中 日010000000―1
広 島00030000×―3

▽勝 高橋2試合1勝1敗
▽S コズロースキー6試合2S
▽敗 小笠原3試合2勝1敗
▽本塁打 森野3号(1)(高橋)アレックス3号(2)(小笠原)シーボル2号(1)(小笠原)

 ●…広島が逆転勝ち。1点を追う四回、無死一塁でアレックスが左越えに2ラン。さらに一死からシーボルがソロ本塁打を放った。高橋が七回途中まで1失点で今季初勝利。中日は3併殺の拙攻で、広島戦今季初黒星を喫した。

 ▽球炎 守り重視 新オプション

 「習慣も大事だが、なかには、守るより破ったほうがいいものもある」とは、ハムレットの一節である。中日の「堅守」に対し「打優先」で挑み、はね返されること4度。井端、荒木の美技に何度も白星を奪われてきた。ならば、習慣を破ってみては。というのが、この2時間36分の全容である。

 前田、石原を休ませ、赤松、倉を使う。守備的なオーダーを組んだ。これで選手も「守り合い」を意識した感がある。赤松、天谷は好守で高橋をバックアップ。梵、東出の二遊間も3併殺で勢いを断った。倉も絶妙のタイミングで間を取り、投手をコントロール。この高い守備意識と集中力が、5度目の正直に至った最大の要因である。

 「打つ野球」だけではない。今の広島には、こんな野球もできるのである。今日は狭い市民球場だったが、球場が広くなればなるほど、この布陣は効果を発揮するだろう。習慣を破ったことで、手にした新たなオプション。必ず今後に生きてくるはずである。

 打撃は水物だが、足と守りは計算が立つ。戦いの方向性を決めるのも大事だが、うまく使い分けていくのも監督の手腕だ。赤松の復帰で、また「赤ヘル野球」が動き始めようとしている。

高橋412.jpg

 ▽若手の好守で奮起

 高橋が「鬼門」の立ち上がりを乗り切った。七回途中までソロによる1失点に抑える好投で、今季初勝利。「早くこういう日が来てほしいと思っていた」。14年目のベテランは試合後、ほっと息をついた。

 一回、先頭の荒木に右前打されると、続く井端にもカウント0―3。「少し自信がなかった。硬さが出てしまった」。開幕前の調整登板を含め序盤に崩れた3度の失敗が、手元を狂わせた。だが、その井端を二直併殺に仕留め、窮地を脱した。「初回をゼロで抑えたのが大きい。乗っていくことができた」。二回に森野に被弾しても、攻める気持ちを失わなかった。

 奮い立つ理由もあった。四回、天谷が左翼線を襲った打球を素早い処理で単打にとどめた。五回には赤松も快足を飛ばし、左中間を抜けそうな打球を好捕した。若い選手たちの気迫あふれるプレー。「何としても抑えないと、という気持ちになった。感謝ですね」

 立ち上がりの不安定さを解消するため、登板前のウオーミングアップの量を増やすなど試行錯誤した日々が、実った。「ベテランらしくきちっと修正し、いい投球をしてくれた」と小林投手コーチ。若い先発陣の中にあって、健在ぶりを見せる84球だった。

アレックス412.jpg

 ▽アレックスとシーボルがアーチ競演

 0―1とリードされた四回、アレックスとシーボルが初のアベック弾で勝利に貢献した。

 無死一塁からアレックス。「カットボールではないか。ファウルにならないか心配だった」という打球は左翼席に飛び込む逆転の一撃となった。開幕から続く好調に「打席で集中できている。シーズンは長くコンスタントに結果を出すことが大切」と気を引き締める。

 一死後には、シーボルが2試合連続の一発。「ここ数日、球がよく見えている。打った瞬間は入ると思わなかった」と全力疾走、審判のアクションで気付いた。

 「2人が打って勝って良かった」。ともに互いの一撃を自分のことのように喜んでいた。

 ▽赤松が初先発 逆転機を演出

 3月末の右肩故障から復帰して今季初スタメンの赤松。四回無死から左前打して好機をつくり、アレックスの逆転2ランにつなげた。「いつでもいける準備をしていた。ゲーム感覚は忘れていなかった。安打が出て良かった」とほっとしていた。

 ただ、その後2打席は2三振。「甘い球もあったが、振れなかった。僕のようなタイプがしてはいけない見逃しだった」と反省も。守備では8飛球を処理。「守りも久々だったが、不安はなかった。意外に走ることができた」と手応えを感じていた。「試合に出るからには、練習の成果をしっかり出したい」とPRも忘れなかった。

(「中国新聞カープ情報」より)



☆カープは得意の市民球場でのデーゲーム。

 あっと驚く守備型布陣で中日を今期始めて破った。

 私はもともとテレビ中継で観戦することはほとんどない。

 テキが見せてくれないから。

 さらに今日は高校演劇の呉地区合同公演反省会というお仕事中。

 帰宅してネットでチェックしたら、勝っていた、という試合。

 なのでネットで情報を集め、

 他のカープブロガーの方たちの記事もいつも以上に読ませて頂き、

 この文章を書いている。

 大本営中国新聞の記事はもちろん、ご覧の通り

 前田、石原を赤松、倉に差し替えた守備型布陣を賛美している。

 守り勝ち、と私もタイトルに書いたが、本当の所どうなのだろうか?

 得点は昨日と同じ3点しか取ってないのだから、

 結果だけ見ればこの布陣が当たったと言うことか。

 「広池浩司オフィシャルサイト」では

 こういう記事だった。

 ・・・両外国人のホームランも見事でしたが、勝因はやはり相手を1点

に抑えた投手陣でしょう。

それにしても、中日との試合は接戦が多いような気がします。もともと

中日は、接戦に強いチームなので、ようやくですが、今日、それをもの

にできたことで、チームは自信をつけたと思います。

明日も、勝率の高いデーゲームですし、みんなで粘って、勝利を掴みた

いと思います・・・


 広池投手は自分の登板もなかったし、淡々とした文章。

 この後は息子さんの入園式の話題を書いていて微笑ましく読んだ。

 それは良いとして、何となく最大の勝因は、

 市民球場デーゲームの勝率の高さ、

 と書いてるように読めなくもない。

栗原健太オフィシャルブログ」では、

 試合については一言も触れてなかった。(笑)

 さらに守備型スタメンのキーマン赤松外野手のブログ

 右肩を痛めてから久しぶりの試合でしたが、緊張する事なくやれまし

た!

ヒットも打てて良かったのですが、三振を2つしてしまった事に悔いが

残りました・・・


 バッティングについてのみで、守備については触れられてなかった。

 さらにいろんなファンの方のブログを読んでも、

 手放しで勝利を喜ぶような記事は少なく、

 申し訳ないけど、マーティー采配に戸惑っておられる様子で、

 面白かった。

 このスタメンで勝てるわけがない、とか、

 どうやって点を取るつもりなのか、とか、

 高橋はいつにも増して立ち上がり不安定だったけど、

 いい当たりが幸運にも併殺打になって立ち直った、

 という感じで、これで中日に始めて勝てたのが不思議、

 というのが主流の論調だった。

 まあ、多くの方がそう書かれてるのだろうから、

 今日の試合の勝因は不明、楽天野村監督の言葉で言えば、

 勝ちに不思議の勝ちあり、という試合だったのだろう。

 さて日曜もゲンの良いデーゲームである。

 多くの方が、このスタメンは単に前田と石原の休養日、

 と書いておられるので、スタメンに注目である。

 ちなみに私は、もう1試合赤松を使って来るような気がしている。

 結果が出たから、と言うより、

 これがそもそも今期のマーティー構想の布陣だったからである。

 どうせ打線は水ものだから、これもアリではなかろうか?

 決して前田が嫌いとか言うわけではないが、

 徐々に前田から赤松への切り替えが進められていくのではないか。

 スタメンで前田を使っても、赤松に途中交代の場面も増えるだろう。

 赤松が1枚も2枚もレベルアップしてくれないと困るけどね。

 がんばれ!カープ

【追記】1つ書き忘れていたことがある。

 金本が2千本安打を達成した。

 私は常々選手の所属の流動化を図るべきだと言っているし、

 それほどわだかまりを持つ方ではないと思っている。

 だから他球団の選手であっても好プレーには拍手を送りたいし、

 偉業を達成すれば祝福すべきと考えている。

 従って曲がりなりにもカープの4番として

 その半分以上のヒットを打ったはずの金本の2千本安打に

 感慨を持つはずなのだ。

 だが。

 何の感慨も持てない。

 それどころか市民球場で達成してくれないで良かった、

 とさえ思ってしまう。

 こんな自分は嫌なのだけれど、

 金本と言い新井といい、

 元のチームのファンから祝福されないような移籍は、

 君たちに責任はないのかと言いたい。

 開幕シリーズのブーイングはカープファンの世論だ。

 マナーが悪いなどの一般論で片づけられるべき問題ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 柴田淳「なにもない場所」。

 ダークな曲調だけど、

 一途な恋愛を歌った心に響く弾き語りの1曲である。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ランキングに参加しています。

 更新のはげみになりますので、押して頂けませんでしょうか。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ



※このブログのメルマガを発行しています。
 良かったらこのバナーをクリックするか、左サイドバーから登録して ください。

Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!

 日記(日本語・英語)と更新情報などを毎日お届けします。

posted by ゴルゴ40 at 08:55| 広島 | Comment(0) | TrackBack(8) | がんばれ!カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

4/12 逆転勝ち
Excerpt: 中日5回戦 1勝3敗1分 通:5勝6敗1分 広島市民球場 観衆:13897人 累計:116493人 平均:14562人 CARP 3−1...
Weblog: かあぷ屋さん本舗
Tracked: 2008-04-13 10:10

高橋健、今季初勝利
Excerpt: 2回にソロホームランを打たれて先制されたが、4回無死一塁でアレックスが左越えに3号2ラン。 さらに1死からシーボルが2号ソロ本塁打を打って逆転した。 2本とも市民球場スペシャルホームランだった。 立ち..
Weblog: KOBA'sカープ応援団
Tracked: 2008-04-13 10:23

カープ今季中日戦初勝利、高橋建投手が好投で初白星
Excerpt: 今日は建さんファンとしては最高に嬉しい日となりました。 快晴の広島市民球場で行われた中日ドラゴンズとの5回戦、カープの先発は中10日で高...
Weblog: 建さんへの鯉文
Tracked: 2008-04-13 11:20

飲んだなぁ。。
Excerpt: いやー、飲みましたよ。 といっても、缶2本じゃけど飲みましたよ。 健康診断も終わったんでね。 体重も順調に痩せてたんでね。 飲みましたよ。 夕方に飲んで、今起きましたよ( ゜Д゜) ..
Weblog: 何でもやっちゃれ!(広島〜東京)
Tracked: 2008-04-13 13:00

4/12、カープ 外国人アベックHRで勝利。でも得点力不足は未だ続く・・・
Excerpt: 4月12日(土) 広島市民球場 5回戦 広島1勝3敗1分 123456789RHE中日010000000160広島00030000X390 勝:高橋 1勝1敗0S S:コズロー..
Weblog: 無題ドキュメソト Blog
Tracked: 2008-04-13 14:00

ヒーロー賞はオガサワラ
Excerpt: お立ち台には,高橋建,梅津,横山の3人が立った。本来ならアレックスとシーボルではないのかという気もするが,通訳を通すインタビューを長く続けると場がしらけるというだけのことだったのかもしれない。しかし,..
Weblog: ろー・ふぁーむ・かるぴおbypridegreen
Tracked: 2008-04-13 19:36

観戦記~中日戦やっと初勝利 こうしたら勝てる
Excerpt: 昨日 球場で新しいレプリカユニフォームを買うといいましたが あれから悩みました 誰がいいだろうと 梵君?(32番時代のユニはある)天谷君? 松山君? などなど色々と悩みましたが 結局買ったのは 前田..
Weblog: 広島ウォーズ
Tracked: 2008-04-13 21:32

中日戦初勝利だそうな C-D(4/12)
Excerpt: 今日はしつけ教室へ行っていたので試合は全く見てません(爆) まさかデーゲームだとは(ry(おい というか、わたしが見ていると負けるのでしょうか?\(^o^)/ 広島3−1中日 中日によ..
Weblog: なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
Tracked: 2008-04-13 22:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。