2009年11月03日

詰将棋パラダイス2009年7月号中1菅野哲郎作

ブログパーツ



【解答】1二飛・同香・3三銀打・同桂・同銀成・2一玉・1一金・同玉・3二成銀・5五飛・2三桂まで11手



誤解0・無解1・A46・B71・C11 平均2.27


【短評】

秋元節三ーすごい受けがありそうでこわい。
天津包子ー42飛の筋はなかった。
新井司ー7手目11金から32飛成が好手順。
荒木秀雄ー5手目は非限定
石井豊ー初手12飛はなかなかユニーク。
市原誠ー初手の発見に限る。
石巻千尋ー盲点に入るとハマりますね。
今川健一ー33銀打とは!、強引、時には、押しも必要か。
宇貞光明ー2手目の変化が一寸ややこしい。
絵井悌二ー12飛は実戦では読めません。
SSー12飛が第一感になったら、あなたも立派な詰マニア。
大熊健司ー力強い重ね銀。なかなか発見しずらい手でした。
太田雅人ー隅に誘うのが面白い手順。
小川千佳夫ー期待通り飛を右から捨てる手順だった。宇宙の香りがしないのは残念。
奥田典正ー難しかったので初手から33銀打、同桂、同銀成という俗手攻めを考えたらやっと解けた。
奧野眞ー1四のと金は金の方が良いような気がします。
小野寺達也ー菅野氏にしては良い短編。たまには褒めちぎりましょうか。   
加賀孝志ーセッチンに追いやられチョン。小駒の詰上りに好感。
柿久桂古ー32成銀と馬筋を止めるのは良い。
片山亨ー実戦でこんな手で詰んだら凄い。
神尾眞二ー初手の飛打ちは第一感だが、1一金捨てがなかなか見えなかった。
鴨藤弘ー捨て順、飛銀金角、初手12飛打が拡大手のふるえ。
河村謙吾ー3三銀と重く打つ手を何故か後回しにして迷宮に入った。焦点に突っ込む3二成銀の特攻ぶりがいい。
小岩象三ー形良し、手順良し。
小島幸喜ーあっさりしすぎて、この作者だし逆に怖いです。
小林巧ー初手1二飛は王様の墓穴づくり?
小林理ー桂を取ってしまう手順は最後の最後まで読まない手。
斎藤博久ー実戦では浮かばない初手。
斉藤優希ー実戦らしいのが良い。
坂野均ー42に逃げられないように攻めるが難しい。
佐藤司ーとにかく狙いが露骨、評価は二分しそう。
佐藤次衛ー初手1二飛の捨て打ちは強烈です。
下西憲之ー見たような手順ですね。
昭和三十六才ー2手目2二銀だと3三銀打以下駒が余る。
白川文夫ー旨いんだけど、この収束には既視感がある。
真保千秋ーこの初手を初めてみた時は感激したものだ。
末永修二ー久方ぶりで見た「雪隠詰」。12飛の伏線手、32成銀の好手が光る。
須川卓二ー初手を入れないと詰まないと言うのが不思議だ。
鈴川優希ー香を移動させるのは初手だということに気が付かなかった。 
滝本幹夫ー香をよけておくのに、ようやく気がついた。
武田静山ー鉄壁の防御には飛び道具。
伊達悠ーこの作者にしては素直ですね。
竹中健一ー43銀成とかやるのかと思ったけど、これは実戦的ですね〜
田中悠一ーごつい攻め方。これで正解なんでしょうか。
田辺尚弥ー今回はしっかりした手筋物。実力ある作者です。
千葉等ー初手飛打ち捨てが妙手。
出崎守ー初手に少し苦労しました。
でんでんー初手以外は実戦的な手順。まあ初型からある程度予想してはいたが・・・
利波偉ーこの手の作品は解くのに手こずらないと評価出来ないタイプなのだと思う、秒殺した私が評価するとC。
中沢照夫ー初手のインパクトはあるが、その後の手順が今一つ。
永澤廣知ー菅野作とは相性が悪いみたいで、今回も悩みました。いきなり11手で自信なし。
中瀬俊昭ー初手が全てだが、発見は容易。後は平凡な追い詰め。
名越健将ー
二宮卓郎ーよくある筋とは言え、美事な構成です。
野口賢治ー順を追えば初手が見えてくる。
花井秀隆ー14の駒は金ではいけなかったのだろうか。
早川清一ー3三銀打で玉の許容範囲の狭小を目指すところがうまい作戦。同桂、同銀成の連続したあざやかな手順、スッカリほれこむ。
はやしー実戦形とは言え、短編で桂馬をもぎ取るとは。
林明和ー初手飛打ちが決め手。
原岡望ー意外な手順 かなり悩んだ。解後感いまひとつ。
原田清実ーうーん、狙いが見えない。   
原雅彦ー10手目の非限定の駒取りが野暮ったい。
坂東仁市ー実戦型で表現した所が良い。
弘光弘ー3三銀打からの清算が新鮮。
ほの字ー駒交換とは意外。
凡骨生ー空けた処へ打ち捨てる詰将棋の面白さ。
増田智彬ー実戦形でこの持駒だったら、初手は真っ先に考えてしまう。
馬屋原剛ーたまには露骨な駒交換も悪くない。
三宅周治ー12飛は、落とし穴を掘るような手ですね。
宮本慎一ー1二飛捨てから玉を下段に落とし、せっちん詰にいざなう。
三輪勝昭ー12飛はひと目では見えなかった。
安原嗣治ー実戦形では、この初手がカギ。決め手の32成銀は気持ちよい。
山口航平ー持ち駒にない桂馬が決め手になるとは思いませんでした。
ゆめぎんがー作者への期待度からして、この手順は残念。
和田登ー下準備の初手は気付きにくい。

※詰将棋パラダイス中学校出題作と全短評一覧はコチラ
posted by ゴルゴ40 at 19:42| 広島 | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校出題作と短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

詰将棋パラダイス2009年6月号臨中5菅野哲郎作

ブログパーツ



【解答】3九金・同と・2八龍・同玉・3七角・1八玉・1九歩・2七玉・2六と・3八玉・4八金まで11手



誤解26・無解0・A31・B37・C3 平均2.39


【短評】

秋元節三ー遠角の紛れに入らないと、何だこれはと言われてしまう。
天津包子ーチュウ合チュウ意。
新井司ー5手目73角とすると46歩合で逃れ、短く37角が正解。
石井修太朗ー中途半端は失敗する。
宇貞光明ー5手目73角がダメな理由の方が難しい。
絵井悌二ー歩をどこで使うか?19とは思いませんでした。
太田雅人ー5手目くっつけないと詰まないのが面白い。
小川千佳夫ーファンとしては、捨駒が少なく収束が平凡なのが寂しい。
小野寺達也ー初手金はすぐに発見されそうだ。   
加賀孝志ーウーン収束の冗長がマイナス。
柿久桂古ー37角と打ってあとは追い詰。
神尾眞二ー5手目、7三角で簡単と思ったら、中合があった。
神谷薫ー初手がいい感じで入った。
小岩象三ー37角の評価は分かれると思います。
小林理ー打診中合を避ける37角が地味な妙手。さて、誤解は何人?
佐藤司ー角を離すと二段合が待っています。でも簡単に見破れそう。
佐藤次衛ー3七角を7三角は、4六歩合の妙手に沈没する。常識を疑って……いかにもこの人らしい。
佐藤善起ー39金で逃げ道を塞ぐとは巧い。
白川文夫ー構想自体は高度なんだけどね。
真保千秋ー39金が決まると後は一目でさびしい。
末永修二ー5手目の37角の限定打ちがいい。これで玉の退路をしっかり押さえている。
須川卓二ー短打! 
須田信雄ー後半の手順が一本道なのが残念。
清野広美ーいつもの「何か」がわからない。教えて下さい、ゴルゴ様。
滝本幹夫ー5手目の角打は7三からではない。
竹中健一ー紛れにはまるとさぁ大変!
谷口翔太ー長打に短打、いろいろあるね。28竜はバンドかな。 
田辺尚弥ーやり直しの繰り返しでした。
千葉肇ー打診中合には直打ち。
利波偉ー今時この短打が狙いの短編は、他の部分がよほど良くないともたない。
中沢照夫ー5手目73角は打診中合される。37角短打が正解。何となく短打を先に読んでしまい、妙味が薄れてしまった。
中嶋智志ー角打が好手も、その後が少し残念。
中瀬俊昭ー手順は平凡だが、構想が秀逸。
名越健将ー相変らずの、良くも悪くも氏らしいタッチ。
野口賢治ー後半の盛り下がりがマイナス。
八徳堂ー「アット・ピン・ホール」(ゴルゴ13に出てくる遠距離狙撃=遠打)かと思いきや。
早川清一ー詰図のレイアウトは複雑で、実戦なら投げ出す所である。幸いに詰手順はわかりやすく、詰むことなる。
原岡望ー
原田清実ー狙いはわかるが28龍だけでは物足らない。  
坂東仁市ー昔流行した手順にウッカリ73角とする所でした。
弘光弘ー角短打がいい味。
ほの字ー後半が平凡。
凡骨生ー一瞬遠くから打ちそうだった。
安原嗣治ーとを移動させ竜のから捨てが巧妙。収束の「と金」&「金」と引く手に拍手。
ゆめぎんがー収束5手がゆる過ぎるので、2手縮めるか打診中合の方を作意にしたい。

※詰将棋パラダイス中学校出題作と全短評一覧はコチラ
posted by ゴルゴ40 at 20:32| 広島 ☀ | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校出題作と短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詰将棋パラダイス2009年6月号臨中4角寿雄作

ブログパーツ



【解答】4一飛・3一桂合・1一飛・同玉・3三角・2一玉・1二角・同玉・4二飛成・1三玉・2二角成まで11手



誤解6・無解0・A56・B32・C1 平均2.61


【短評】

秋元節三ー意外と変化が易しくて楽しいことばかり。
天津包子ー面白い図式。
新井司ー5手目33角が好手、31飛成と桂を取ると失敗する。
石井修太朗ー5手目31飛成と読んでしまった。
石岡修ー一寸裸玉に挑戦するような気分。
宇貞光明ー初形が素晴らしい。又、持駒も大駒4枚の趣向。2手目の合駒の読みの問題。33角打がうまい。今月の首位か。
絵井悌二ー合駒読みに苦労しました。
太田雅人ー5手目に飛車を成らないのがポイント。
小川千佳夫ー5手目は思わず3一飛成としたくなる。
小野寺達也ー氏にしては珍しい簡素図式だ。単なる合駒問題で終わると寂しい。  
加賀孝志ーまだこの形が残ってたのですね。桂を取らない所イイデすね。
柿久桂古ー初型と持駒趣向は良い。アイデアを買う。
神尾眞二ー5手目、3三角の限定打になかなか気付かなかった。
小岩象三ー発見系は逆算系と比べて最長さがしが大変。
小島幸喜ー合駒を喜んで取ると痛い目に。
小林理ーついつい手拍子で31桂を取ってしまいたいのをこらえるのが大事。人生我慢が大切と思い知らされた。
佐藤司ー無掛図式+持駒飛角図式=やさしい中学校、以上の新公式が生まれました。
佐藤次衛ー無仕掛け図式、3一の合駒が凡て、5手目の3三角も好手。
佐藤善起ー11飛から合駒を取らずに33角とは驚いた。
潮風かおるー桂合いの頭の丸い弱みつく。
昭和三十六才ー無仕掛けの11手詰というだけでもすごいのに、5手目飛を成らずに角を打つのがとてもいい。
白川文夫ーうまく割り切れたね。類作はないんだろうか?
真保千秋ー無仕掛け、この持駒で中学に納まるとは驚きました。
末永修二ー初手に惑わされた。5手目の33角は絶妙手。
須川卓二ーきれいな初形に持駒大駒4枚。これだけでOK 
鈴川優希ーすべての変化が割り切れているのがすごい。
須田信雄ー持駒飛角の複雑な紛れがない点がよいですね。
清野広美ー2枚飛車の力を見せつけられた?
滝本幹夫ー大駒4枚でも手掛かりがなく難しかった。
竹中健一ー様子見の33角がうまいですね!
田中悠一ー持駒大駒4枚と無仕掛け、合駒選びもあり楽しめた。
谷口翔太ー合駒を取らないのが良い、角も限定打だしね。W趣向も気に入った。 
千葉肇ー桂合は毒まんじゅう。うっかり食って腹を下した。
千葉等ー初手限定飛打、そして桂合、そして右からの飛打と見事。
でんでんー桂合の後、飛成を先にして迷うも変化が比較的単純なので読み易かった。
利波偉ー無仕掛図式で大駒四枚もあるのに11手で詰む不思議。
中沢照夫ー簡素な初形だが合駒読みが大変。作意は駒取りがなく素晴らしい。
中嶋智志ー条件作ですが手順も悪くないです。
中瀬俊昭ーこういう初形はあまり好きではありませんが、なんとか解けました。
名越健将ー6手目がポイント。よく見ると21にかわす場がある。
野口賢治ー収束は緩いが取れない合駒の妙。
八徳堂ー逃げる手が最善とは……それにしても、すごい掘り出し物です。
早川清一ー詰図は簡単過ぎて、すぐ詰めようとしても、そうは問屋がおろさない。←昔の人はシャレ言葉をよく言う。
原岡望ー収束がはっきりせす不安
原田清実ーこんなのが成立するとは羨ましい。  
原雅彦ー桂合だけが詰め方が違う所を評価。
坂東仁市ーこの配置で詰将棋らしい手順とは爽快。
弘光弘ー5手目3一飛成でなく3三角なのがおもしろい。
凡骨生ーこの形を見つけられたのは素晴らしい。
宮本慎一ー桂合を誘って寄せる。カベにする。
安原嗣治ー初形+持駒の趣向作。これで余詰なしは一寸意外。
ゆめぎんがー33角は「夢銀河」第122番山田剛氏の31飛を思い起こさせる。

※詰将棋パラダイス中学校出題作と全短評一覧はコチラ
posted by ゴルゴ40 at 20:27| 広島 ☀ | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校出題作と短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詰将棋パラダイス2009年6月号臨中3太田洋一作

ブログパーツ



【解答】1四香・1三飛合・2三香成・同桂・2四桂・2一玉・2二歩・同玉・1三香成・同玉・1二飛まで11手



誤解0・無解0・A27・B59・C10 平均2.17


【短評】

秋元節三ー23香成、21玉、33香として、ここが中学であることを忘れて20手を超す。
天津包子ーやや一本道。
新井司ー3手目23香成が好手で、後から合駒の飛を取り詰め上げる。
石井修太朗ー収束で良い手があれば好作だった。
石岡修ー2手目の逆王手に対する返し技の綾が実に良い。
宇貞光明ー13飛合の逆王手で難しくなったが、収束がもう一つ。
絵井悌二ー双玉なので合い駒に注意。しかし分かりやすかったです。
太田雅人ーほぼ一直線の手順。
小川千佳夫ー駒を取っての最終手なのでかなり不満が残る。
小野寺達也ー3手目に感心した。初手合駒にできないのは残念。  
加賀孝志ーさりげない逆王手、ニクいネ。
柿久桂古ー13飛合が双玉の味か。
神尾眞二ー4手目、2一玉と逃げる手があると思い込み、悩みまくり。
小岩象三ー逆王手にあわてて飛車を取っては詰みません。
小島幸喜ー合駒の飛をすぐに取らないところがいい。
小林理ー桂の消去とか気を回しすぎて難渋した。作意は素直でした。
佐藤司ー一瞬ビックリの逆王手、でも目から火は出なかった。
佐藤次衛ー1三飛の逆王手だけでは・・・
佐藤善起ー逆王手、逆逆王手の応酬。
昭和三十六才ーもう一寸玉がからんで欲しかった。
白川文夫ー全く意味のない双玉。
真保千秋ー逆王手に慌ててはいけない。
末永修二ー双玉問題は面白い。逆王手あり、一歩千金ありと詰めて楽しかった。
須川卓二ー「飛をすぐに取らないのがいいようです。
鈴川優希ーなんか・・・駄作です。
須田信雄ー「飛合」は当然の一手。創作入門「飛の合駒」ですね。
清野広美ー持駒なしなので、これしか方法がない・・・と思いきや・・・楽しい!
竹中健一ー抵抗する飛を召し取って仕上げ!
田中悠一ー逆王手あるも、あとは追詰手順。
田辺尚弥ー必然手の連続の様ですが、結構考えさせられました。
谷口翔太ー逆王手は1回、少し淋しい手順です。
千葉肇ー逆王手を取らない。
千葉等ー2手目飛打の逆王手と、3手目香成との攻防が全て。
でんでんー合した飛を最後まで取らずにおくのが、選評にある’変わった味’として面白い。
利波偉ー31飛は香にしたい。(最終手余詰は出ますけど)作品的には飛の逆王手が出るだけの詰む将棋。
中沢照夫ー1三飛の逆王手が主眼。紛れ不足。
中嶋智志ーもう一捻り欲しいところ。
中瀬俊昭ー初形からは想像もできない詰上がり。
名越健将ーなる程、・・2筋の香は不動でしたか。
野口賢治ー納得できる初手の駒取り。
八徳堂ー持駒香歩にしなかったのは、初手非限定を気にしたためでしょうか。
早川清一ー初手が大切なこの詰図、一見してわかるレイアウト。1四香はこの分岐点を物語る。
原岡望ー一寸ややこしいが手順は明快
原田清実ーやはりスリルが欲しかった。  
坂東仁市ー12飛合と14香でまとめるべきではないでしょうか。
弘光弘ー香筋をさえぎる2四桂が面白い手。
凡骨生ー逆王手を恐がってると詰まない。
宮本慎一ー逆王手の飛合の逆用!
安原嗣治ー飛の逆王手を逆用するのがタマラナイ。
ゆめぎんがー22に成りたい香が犠牲になる。

※詰将棋パラダイス中学校出題作と全短評一覧はコチラ


posted by ゴルゴ40 at 20:22| 広島 ☀ | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校出題作と短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詰将棋パラダイス2009年6月号臨中2坂東仁市作

ブログパーツ



【解答】5二角成・6四玉・6三馬・同玉・6二飛成・同玉・6一龍・同玉・7三桂生まで9手



誤解0・無解1・A38・B49・C8 平均2.31


【短評】

秋元節三ー全ては最終手の為。
天津包子ージャマ駒消去。
新井司ー34角を邪魔駒消去してから玉を下段に落とし、両王手の詰上り。
石井修太朗ー邪魔駒に気付きにくい。
石岡修ー大駒3枚を次々と捨て小駒のみの仕上は見事。
市原誠ーしっかり力をためる。
宇貞光明ー34角(ジャマ駒)を消すのがわかればカンタン。
絵井悌二ー「玉は下段へ」の格言通りの連続捨て駒ですね。
太田雅人ー大駒を3枚捨てても両王手。
小川千佳夫ー3四角が邪魔駒とはなかなか気付きにくい。
小野寺達也ー筋が簡単に見えるので面白くない。  
加賀孝志ー3枚の大駒、角は邪魔ですよ、小駒だけの詰上り好感。
柿久桂古ー34角は邪魔駒だった。
神尾眞二ー大駒の連続捨てから両王手。3四角がジャマ駒とは思えなかった。
小岩象三ーハデな手順ですが、好みの別れるところです。
小島幸喜ー初手非限定も三連続大駒捨ては気持ちいい。
小林理ー怒濤の3連続大駒捨て。見事に両王手を実現!
佐藤司ー両王手で決まる手順は買えるが、初形を見ると減点せざるを得ない。
佐藤次衛ー3四角の除去という邪魔駒処理という明確な狙いですね。
佐藤善起ージャマ駒消去に始まる三連捨てにこの詰上りと詰将棋らしい手順。
潮風かおるージャマ駒と判ればサクサク捨てて詰み。
昭和三十六才ーガンガン大駒を捨て、両王手の詰上り、華々しい。
白川文夫ー配置は一寸ごつい気もするけど、これ以上整理はできないかも。
真保千秋ー方針は見えた。
末永修二ー最初千日手模様。あと三連続大駒捨ては豪快!小駒だけで詰めるとは想定外だった。
須川卓二ー大駒捨てまくり〜〜〜
鈴川優希ー意外な邪魔駒。最後は両王手でビシッと決まりました。
須田信雄ー大駒の押し売りですが、他に手のない所が痛い。
清野広美ー「流れる様」というか「一本道」というか?!
滝本幹夫ー大駒4枚をどんどん捨てるのは気持ちがよい。
竹中健一ー角が邪魔だったとはね〜。狙いが決まって見事な収束!
田中悠一ー大駒三枚で玉は最下段に誘え!最後は鮮やかに両王手。
田辺尚弥ー13銀の薬味がピリッと効いてます。
谷口翔太ー豪快な手が続くが、魅力のあるのは最終手。
千葉等ー連続大駒三枚捨ては気分良し。
でんでんーこれほど詰上りがはっきり見えるのも珍しい。角が邪魔と分かれば一気。
利波偉ーさりげなく角の邪魔駒消去が入っているのが巧い。
中沢照夫ー3連続大駒捨てを楽しむ。
中嶋智志ー初形に難あるも、狙いは伝わります。
中瀬俊昭ー34角が邪魔駒だと分かった時点で、すぐに解けました。
名越健将ー大駒三枚捨てる畳みかけは爽快。
野口賢治ー大仕掛けだが大味。
八徳堂ー飛角3枚も、桂香コンビの露払い。
早川清一ー最終手、7三桂不成の詰上図は何とも格好の良いもの。順手筋はわかりやすい。
原岡望ー62飛 54玉 としてみて角が邪魔と分る
原田清実ー詰上りが想像できるので、61に馬の利きがあっては効果が半減。  
坂東仁市ージャマ駒消去の衝撃にカンカされ、ジャマ駒消去シリーズ化した訳。
弘光弘ー大駒を連続で捨てていき、両王手で仕留める手順がさわやか。
凡骨生ー両王手への持って行き方がよい。
宮本慎一ー大駒三枚が消えて、桂香の両王手で詰み。
安原嗣治ー邪魔な角の捨て方がお見事。
ゆめぎんがー34角はいかにも邪魔駒。

※詰将棋パラダイス中学校出題作と全短評一覧はコチラ

posted by ゴルゴ40 at 20:17| 広島 ☀ | TrackBack(0) | 詰将棋パラダイス中学校出題作と短評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。